小品展

space 2*3 オープン記念取り扱い作家小品展に参加します!

 

以下 Mitsui Art HPより---------------------------------------------------------------------------- 

Mitsui Artではこの程KURUM'ARTcontemporaryと日本橋本町に新しいスペース Space 2∗3 Opne をオープン致します。
最初の展示はお披露目を兼ねて取り扱い作家の小品展を開催致します。
若手中心の元気のよい作品が集まっています。
最初の企画、皆さまのお越しをお待ちしています!

開催概要
住所:中央区日本橋本町1-7-9 西村ビル1F
地図はCONTACT & MAPの下の方にあります。
会期:2014年1月12日(日)~2月1日(土) 月曜定休(1/13は祝日につき営業します)
12:00~19:00 最終日は17:00まで
レセプション 1月12日(日)15:00~
出展作家(50音順)
相澤 なほ・青木 香保里・稲田 早紀・入江 清美・岩崎 夏子・内田 江美・内田 ユキ・大谷 由里枝・おかもと かおり・奥村 彰一 ・ 篭橋 月 ・ 笠原しい ・ 梶木 奈穂 ・ 椛田 有理 ・ 上脇田 直子 ・ 小山 久美子・佐とう 理恵・柴田 七美・下田 ひかり・庄野 文平・白石 彩音
・新藤 杏子・新藤 洋子・菅井 香織・鈴木 萌子 ・ 大源 麻友 ・ 平 慎介 ・ 高田 幸平 ・ 高見 基秀 ・ 丁子 紅子 ・ 椿崎 千里 ・ 坪島 悠貴・ 寺坂 杏里・冨本 七絵・中村 眞弥子・橋本 茉里・羽多野 加与・春名 由真・福田 紗也佳・藤本 絢子・藤原 泰佑・星 きさら・前川 ひな・前畑 裕司・丸山 宏・水谷 真弥子・村中 恵理・山本 希実・吉川 雅基・利紗・若松 哲也・渡邉 光・綿引 亜弥香
※スペースはその名前の通り非常に小さいです。お花等は御遠慮致します。 
※画廊内に滞在できる人数も限界があるため暖かくしてお越し下さい。

主催 お問い合わせ Mitsuiart
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ということで、新作3点を制作しました。

 

小品ですが、有線七宝の作品です。

 

猫です。

大好きな猫さんです。

 

その内の一つ↓

3作品それぞれテーマが「雪・月・花」で、

上の写真はその内の雪です。

 

四季の自然美の代表的なものとしての冬の雪、秋の月、春の花。

四季おりおりの風雅な眺め。

それはいつの時代になっても変わらないものであり、

私たちの傍らにそっと存在し続けるものである。

干支に入り損ねた猫は、それを補うかの様に人の傍らに寄り添い、

日々を見つめている。

 

 

是非猫達に会いにきてくださいませ!

 
 
 
 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    にしむらひろたか (日曜日, 12 1月 2014 18:26)

    村中先生、命を削って制作なさっていらっしゃると、光井さんが教えてくださいました。作風、とても素敵です!

  • #2

    muranaka-eri (月曜日, 13 1月 2014 23:42)

    にしむら様>コメントありがとうございます!
          展示もご高覧下さいまして誠にありがとうございます。
          私に限らず、作家さんはきっと皆命を削って制作されていると      思いますので、私もただひたすら一歩一歩制作していければな      と思っております。
          これからもどうぞよろしくお願いいたします!
     

  • #3

    酩酊中の西村博隆です (水曜日, 19 2月 2014 18:59)

    教育も教養も無い門外漢が、差し出がましい事を妄想して申し訳ありません。素敵な村中作品のペーパーウエイトを検索で拝見するたび、歴史に残る超一流書家がこぞって、最低でも三桁の万の価格のペーパーウエイト村中作品を使用する事が当たり前の作法様式になったらなと!その一流書家のお弟子さん達も、そのペーパーウエイトを使用する事がステータスに!芸術と工芸のあわいに揺蕩う素敵な村中作品に、重しというファンクションを付加してより、芸術性をたかめられたらと!もし荒唐無稽なアイデアでなければ、どうぞ差し上げます。ぜひ光井アートさんも巻き込んで下さいね。

  • #4

    muranaka-eri (金曜日, 21 2月 2014 16:26)

    西村様>コメントありがとうございます!
        そうですね、そのような事になったらとっても嬉しいです!!
        近年は墨屋さんも色々な色をお作りになって、
        有名な書道家さん達もカラフルな書に興味を持ちはじめている
        ので、文鎮もカラフルにしたいと考えていただければなぁ〜
        と思います☆
         

  • #5

    sekstelefon (水曜日, 01 11月 2017 00:11)

    nubijski