ULTRA006

さて、直前になってしまいましたが、

ULTRA006に参加します!

 

今回は神使シリーズの新作と、新しいシリーズを3点展示します。

 

上の写真はその神使シリーズ新作。

「白 物語る」(はく ものがたる)です。

今回は八幡様の白鳩です。

 

展示中は後ろにLEDが仕込んであるので、発光しております。

両面に有線七宝を施しているので、ライトをつけるとより裏の世界が見えてきます。

 

発光している状態は会場でのお楽しみに♪

私は土日に在廊しております。

土曜日は15時から在廊予定です。

台風が心配ですが、お時間ありましたらご来場いただけますと幸いです。

日曜日も同じくらいから在廊の予定です。

 

 

 

さて以下概要です。

ミツイ アートさんの記事を引用しています。

 

MITSUIARTは青山スパイラルで開催されるアートフェア「ULTRA006」に出展致します。

出展作家:宮原 嵩広(彫刻)、村中 恵理 (ガラス胎七宝)、大谷 祐里枝 (陶)、坪島 悠貴(鍛金)

開催概要
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
入場料は無料です。
〒107-0062 東京都港区青山5-6-23
TEL/FAX:03-3341-3253
最寄り駅:東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)B1.B3出口すぐ
web:http://systemultra.com/
※10月26日(木)20:30〜22:00に招待制のオープニングレセプションがございます。招待券をご希望の方はご一報下さい。但し、数に限りがありますのでご希望に添えないことがありますことをご了承下さい。

今回は4人の若い作家に出展して頂きます。
宮原の作品はシリコンを用いて人の感覚の不確実性を露わにしていきます。
既にその作品は彫刻の概念を逸脱した領域に足を踏み入れようとしているとも言えます。
村中はガラスのベースの両面に七宝を施します。ガラス質の七宝をガラスベースに施すのは、ガラスにガラスを乗せて一方のガラスだけを溶かすという高度な技術が必要です。
大谷はこれまでの陶と違うアプローチで陶の持つ美しさと新たな可能性を作品化します。
透ける光が特徴的で、従来の陶の持つイメージとは異なるものです。
坪島は無生物と生物とが融合する世界を鍛金で表しています。
その美意識と想像力の幅を楽しんで頂ければと思います。

今回は大きなテーマをもう一つ掲げて作家さんに制作を依頼しました。
こちらは会場にてご覧の上で気になる方にはご説明いたします。
皆様のご高覧をお待ちしています。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sextel (金曜日, 17 11月 2017 23:39)

    translatować